解体工事関連NEWS

登記されていない建物を解体工事する場合のご相談も良くありますね。 解体する家自体が登記されていないので、役所にリサイクル届けを出した場合にどのようなことを言われるのか心配な方です。 

できればこのまま建物さえ消えてくれれば、何事も無かったように済ますことができますからね。 基本的には登記は法務局ですが、固定資産税は役所の管轄となるので感づいた役所の職員が、さかのぼって税金を払えとなったら大変なことです。 特にこのような登記されていない建物を建てた方は、すでに居ないケースも多いので、処理を任された人は非常に気の毒ですね。 

多額の税金が追加で請求される恐れがあると思うと、夜も寝られなくなってしまいますから。 しかし、リサイクル届けを見て、登記を確認するなどということは殆ど無いと思うのですが、絶対にと言い切れるものではありません。 

このような施主様のために、解体業者がリサイクル届けを提出しないというのも問題です。 これがばれると解体業者の免許が剥奪されてしまいますからね。 こういったご相談も沢山きていますので、問題を解決するノウハウもあります。 

まずはお気軽にご相談ください! 施主様の詳しい情報をお聞きして、状況に会った具体的な解決策を、いろいろとご提案できると思います。 
「登記していない建物」を所有している方はお気軽に、「解体無料見積ナビ」にご相談下さい。

解体工事関連NEWS TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る