産廃に関する豆知識

産廃に関する豆知識

解体工事と産業廃棄物は切り離して考えることは出来ません。

家屋を解体すれば、解体した廃材はすべて産業廃棄物となるのですから当然です。

解体工事に取り掛かるまえに、ここでしっかりと産業廃棄物についての知識を身につけてください。

産業廃棄物とは、以下に掲げる廃棄物を言います。

1.事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物。

2. 輸入された廃棄物(船舶及び航空機の航行に伴い生ずる廃棄物(政令で定めるものに限る。 廃棄物処理法第15条の4の5第1項において「航行廃棄物」という。)並びに本邦に入国する者が携帯する廃棄物(政令で定めるものに限る。同項において 「携帯廃棄物」という。)を除く。)

これから、あなたが解体工事をするにあたって気をつけなければいけないことは、家庭等から排出される一般のごみ(一般廃棄物)は市町村に処理責任があるのに対して、産業廃棄物は排出事業者(施主)に責任があるということです。

ですから、解体工事に伴って発生する産業廃棄物は、すべて施主であるあなたの責任のもとに処理をしなければならないということになります。

一般的には、解体をお願いした解体工事業者に産業廃棄物の処理を依頼することになると思いますが、もしその解体業者があなたから依頼された産業廃棄物を不法投棄した場合、実際に不法投棄した解体業者のみならず、施主であるあなたにも責任が及ぶことになります。

この場合、不法投棄した業者及び排出事業者(施主)に対して、現状回復の措置命令が来ます。もし命令に従わなかった場合、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金またはこの併科という大変厳しい罰則が待ち受けています。

解体工事を依頼する場合は、きちんとした登録業者に依頼をし、産業廃棄物処理票(マニュフェスト)に従ってきちんと産業廃棄物の処理をしてもらいましょう。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る