解体工事の専門用語

土留め(つちどめ・どどめ)とは段差が崩れるのを防止するために設置する構造物のことを言います。

この土留めには自立式構造ともたれ式構造があります。自立式の構造物のことを擁壁(ようへき)とも呼びます。

一般の住宅には良く見られます。

敷地を囲っているコンクリートブロックや大谷石の塀がそのまま土留めの役割をしていることが良くあります。

単純に言うと壁を取り外すと外と内側の段差があって土が崩れてしまうようだと、その壁は土留めの役割を果たしていたということです。

解体工事が終わったあと、長い間放置する場合は、土留めを取ってしまうと大雨などの影響で土が崩れて流れ出してしまう可能性があるため、流れない程度までの塀は残すのが一般的です。

塀を撤去してしまってからご近所からの苦情が入ってしまうと取り返しがつかなくなってしまいますね。

取っても良いものなのかどうかは解体屋さんに尋ねるべきだと思います。

家屋を解体したあとは、解体工事で基礎を抜いたり浄化槽を撤去したりするので、地面が下がるケースが殆どですので、それらの経験を踏まえて解体屋さんに判断してもらうのが良いと思います。

古い立派な家にある石垣で土留めをしている場合は、撤去するとなるとしっかりとした作りであればあるほど手間がかかりますので、費用が嵩んでしまいます。

そして立派な土留めを作り直すには更に費用が嵩んでしまいますので、その部分は再利用することが望ましいですね。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る