解体工事の専門用語

地面にコンクリートを敷き詰めた床のことです。

解体工事の見積もりには土間コンと入っている場合もあります。

地面に砕石や砂利を敷いて固め、その上にコンクリートを直接売って作られます。

ひび割れ防止に鉄筋やワイヤーメッシュを挿入する場合がほとんどです。

通常、家屋内の玄関やアプローチ、車庫などに土間コンが使われているケースがあります。

解体工事の際、現場にユンボなどの重機が入れない場合は、この土間コンがあると費用がかさんでしまいます。

ユンボがあれば人間が大ハンマーで割りながら大きな土間をそのまま積み込むことができるのですが、人間の手だけでやるとなると時間が掛かってしまいます。

同じ土間コンでも非常に固くできているものもあります。

だいたいコンクリートを打設してから30年目位が一番固いようです。

このばあいは、ユンボでハツルか人手でハツルしかなく、細かく砕けてしまったコンクリートを集めてトラックに積み込む手間が多くかかってしまいます。

しかし、このコンクリートの硬さは事前には分かりづらいので、見積もりの際経験から判断するしか無いようです。

基本的にコンクリートなのでゴミ代よりも壊す手間と運び出す手間が中心の代金となります。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る