解体工事の専門用語

道路を使用して交通の影響が出る場合、道路交通法に基づいて所轄の警察署長へ申請しなければなりません。

この申請を受理される状態のことを道路使用許可といいます。

所轄の警察署に既定の申請用紙で提出するのですが、受理されるまでに1週間以上かかることが殆どですので、事前に計画する必要があります。

解体工事で搬出物をトラックに積み込む際に道路に停めて作業する場合や重機を道路に降ろしてそこから解体作業させる場合には、交通誘導員と共に道路使用許可も必要となります。

10年位前はそれほど厳しい取り締まりもなかったので、許可を取らずに車を停めたり、道にはみ出して作業している解体業者も多かったのですが、駐車違反取締りの強化に合わせて、ここ数年はかなり警察の目も厳しくなっていてきています。

とくに都市部では厳しいという印象があります。

バス通りなどで一時的にでもトラックを停めざるを得ない場合は道路使用許可を取得することをお勧めしています。路線バスは警察に通報することになっているので、すぐに取り締まられる場合があります。

対してお金が掛かる申請ではありませんので、施工する解体業者の手間が増えることにはなりますが、取得するように確認をした方が良いでしょう。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る