解体工事の専門用語

家屋を解体する際に必ずスクラップが出ます。鉄、赤銅(あか)、白銅(しろ)、アルミ、ステンレス、鉛、真鍮などに分類されます。

これらのスクラップは専門の業者へ持って行っていくことで換金することができます。

鉄骨構造の建物の場合はスクラップの量が多くなるので、解体業者が出す見積項目の中には、売却した金額を差し引いている場合がありますが、木造家屋の場合は、特に見積項目で明記しておらず、ゴミ総額の中に含めて計算されています。

実際に家屋を解体する際に出てくるものを具体的に書き出しました。

鉄=トタン屋根、鉄骨材、鉄製ベランダ、鉄製階段

銅=給湯器の中身、エアコンのパイプ、配線ケーブル

アルミ=アルミサッシ材、エアコン室外機のラジエーター、車のアルミホイール、鍋

ステンレス=流し台、浴槽、やかん、水筒

鉛=水道管

真鍮=水道の蛇口

この中で一番高額になりやすいのが銅やアルミです。

給湯器が複数ある場合などは、分解して銅を取り出すだけで数千円のお小遣いになります。

スクラップの買取金額は相場で常に変動しているため、高額となる銅や真鍮を保管して、高いところを見計らって売却する解体業者もいます。

ちなみに、個人がスクラップの買取業者に持ち込む場合は、買い叩かれることが非常に多いので、事前に相場の金額を調べて、複数の業者を回るようにした方が良いでしょう。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る