解体工事の専門用語

最近の解体工事は重機が主役です。

建設リサイクル法が施行されて以来、ミンチ解体と呼ばれる重機で一気に壊すやり方は原則禁止されました。

しかし、分離解体いえども、家の躯体の部分を壊すに際の作業の主役はやはり重機です。

重機が主役ということは、当然重機を操作するオペレーターが解体業における花形で、手元と呼ばれる補助の人を使いながら作業を進めます。

しかし、手壊し解体での工事となると、立場は逆転します。

重機が使えないのですから、オペレーターは何も出来ません。

手壊し解体で活躍する道具は、「かじや」と呼ばれるものです。

「バール」とも言います。

「かじや」は用途に応じて使い分けるために様々な大きさのものがあります。

一流の解体職人は、この「かじや」の使い方が抜群にうまいものです。

2本の「かじや」をテコのように使って、手際良く解体していきます。

まさに職人の腕のみせどころといった感じです。

ところが、最近は重機がメインになってきたために、この「かじや」をうまく使える職人が減ってきています。

機械が発達して世の中が便利になることはいいことなのですが、昔ながらの職人さんの技術がすたれていってしまうというのは、なんとも寂しい限りです。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る