解体工事の専門用語

建築面積(けんちくめんせき)とは、建物を屋根の上空から見たときの建物が建っている面積です。

水平投影面積のことをいいます。

建築基準法で規定されていて、外壁や柱の中心を基準として面積を算出します。

この建築面積は建ぺい率を算出する基準として使われています。

厳密に言うと、1m以内のひさしであれば面積に含まれなかったり、玄関のポーチは面積に含まれたり、屋根裏収納は高さが1.4m以上あると面積に含まれるなど細かい計算方法があり、単純な水平投影面積のみではありません。

正確に算出するには、一口に説明できるものではありませんので、建築基準法のガイドなどで図入りで丁寧に説明されている本が沢山売られているので、それらを購入して勉強した方が良いでしょう。

ちなみに解体工事で建築面積が使われるのは、建物の基礎部分の面積を算出するときです。

建ぺい率の基準となる数字なので解体工事のときよりも建築工事の際に頻繁に使われることになります。

また建築面積と似たような用語に「建坪」というものがありますが、これは正式な建築用語ではありませんし、人によって解釈がまちまちなので使わない方が無難です。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る