解体工事の専門用語

比較的大きな建物や密集地での解体工事の見積項目で見かけることがある言葉です。

建築工事や解体工事をする際に大きな影響を与えてしまう可能性がある場合、被害を受ける方々との調整をするための費用を言います。

近隣対策でよく出てくる問題は、日照阻害、採光阻害、通風阻害、眺望阻害、電波障害、風被害、プライバシーの侵害、圧迫感、交通障害、振動障害など、色々なものがあります。

例えば、緒6階建てのビルを解体するに当たって、ビルの周りに防音パネルの足場を築くことになりますが、これを設置することにより、裏の家にまったく日が差し込まなくなってしまうことがあります。

この場合洗濯物が3ヶ月外に干せなくなってしまうので3か月分のクリーニング代を支払ったりすることもあります。

こういった費用は現地へ見積に行って簡単に計算できるものではありませんから、現場周辺のおおよその状況で見積るしかありません。工事金額の何パーセントと決めて近隣対策費に当てている会社もあります。

通常木造住宅の場合には近隣対策費はあまり見かけません。

工事前のご近所へのあいさつ回りなどは近隣対策費には入れないことが多いですが、業者を決める時には直接確認した方が良いと思います。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る