解体工事の専門用語

家屋を解体するときにガードレールが邪魔でユンボが入れないことがあります。

ユンボとトラックが入れなければ、その分人と工事日数が掛かってしまうので、解体工事費用はグンと上がります。

できればガードレールを一旦はずして、工事完了後に付け直したいところですが、そうは簡単にいきません。

通常認められるのは家を建て、今まであった駐車場移設するか新設する場合や貸し駐車場として運営する場合しか基本的に許可が降りないようです。

しかも、このガードレールを撤去する場合の費用は全部申請者が負担しなければなりません。

長いガードレールを短いガードレールに変更するだけでも15万円くらいは掛かりますから、結構な金額になってしまいます。

役所へ申請する書類なども結構大変なので、建替えの場合はハウスメーカーや工務店にやってもらった方が良いでしょう。

ガードレールの撤去を考えることができるのは、上記の理由に当てはまる工事内容ですので、その場合は、解体工事を着工するまでにガードレールの撤去工事を済ませておく必要があります。

ちなみに、ガードレールの撤去についての相談は、都道府県の「土木事務所」か市町村の「道路管理課」に問い合わせてみてください。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る