解体工事の専門用語

画像

布基礎とは住宅基礎形状の名称です。

以前の木造住宅では一番ポピュラーな形で、Tの字を逆さにして半分埋めたような基礎の形をしています。
 

阪神大震災以降はほとんど採用されなくなりました。

欠点は、地面からの湿気が登ってきやすいため、シロアリの被害にあうことが多いことや、現在主流となっているべた基礎に比べて強度が劣っていることがあげられます。

強度と耐久性に劣っているということは、家の土台を支える基礎としては問題ありますね。致命的です。

今現在主流と成っているのは 「べた基礎」となっています。

布基礎よりも強度に優れていて、地面から登ってくる湿気にも強い構造となっているためです。

解体工事の依頼は古い家屋が多いので、布基礎のケースが多いです。

今現在建てられている家屋は殆どがべた基礎を使っているので、今後は解体する家屋もべた基礎が主流となってくるのだと思います。

布基礎には鉄筋を用いて補強するのが一般的ですが、稀に鉄筋の入っていない基礎も存在します。

いわゆる手抜き工事で入っていない状態を見たことがあります。ハンマーで軽く叩くとボロボロと崩れてしまうようなもろい基礎でした。

家を支える大切な基礎にこんなひどい手抜きをする業者がいるのかと驚きました。大きな地震があれば人命にも関わるような犯罪ですね。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る