解体工事の専門用語

クレーン車の名称です。

ラフテレーンクレーンの略称です。

道路を自走できるクレーン車ですが、クレーン車を操作する時と道路を走行する時の運転席が同じものを言います。

他にはトラッククレーンというのがあって、この場合はクレーンを操作する時はクレーンの操縦席で行い、自走する時はトラックの運転席で行うタイプのものです。

免許としては移動式クレーン運転士と自動車免許が必要です。

ユニック車よりは重いものを吊り上げることができますが、トラッククレーンのタイプよりは軽いものとなります。

解体現場で使用される場合は、ユンボを高所や低所に降ろす作業で使われます。

大きな鉄筋コンクリートのビルで、地表から大きなユンボで解体する場所が無い場合は、小さめのユンボを屋上に載せて上から順番に壊しながら降りてくるという工法があります。

また、石垣が高くてユンボが自走で入っていけない場合などもラフターを使って吊り上げて搬入します。

実際ラフターを呼んでユンボを上げ下ろしするには、費用がかかってしまうので比較的大き目の解体現場で使われることが多いと思います。

このラフターを所有している解体業者さんというのは稀です。

ですから呼ぶときは、運転手付のラフターを呼んで1日いくらという費用を支払うことになります。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る