解体工事の専門用語

解体工事の見積書にも項目で見かけることがありますが、正確には「建設リサイクル法(建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律)による届出」です。

床面積が80平方メートル以上の建物を解体する場合には、市町村又は土木事務所など地域によって異なりますが、役所へ着工の7日前までに届出しなければなりません。

基本的には施主に提出義務があります。

届け出る内容は所定の様式に従って、どのような建物をどう分別してリサイクルにまわすかを計画書のような形で提出することになります。

施主から委任状を受けて解体業者が提出するのが一般的です。

提出して変更命令の連絡が来なければ、提出した計画通りの工程で着工することになります。

ここで注意しなければならないのが、建設リサイクル法ではなく市町村の条例で80平方メートル以下の建物でも同じように7日前の届出が必要な場合があることです。

建替え工事でギリギリのスケジュールの中、7日前の届出だと完了が間に合わないこともありますので、見積を取得する際に業者に聞いてみることをおススメします。

自分で調べる場合には、各市町村のホームページ奥深くに記載されていることがありますので、じっくりと確認してみてください。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る