解体工事の専門用語

鉄骨鉄筋構造(てっこつてっきんこうぞう)でできた建物。

中心部に鉄骨をとして、周りを鉄筋コンクリートで覆った構造の建物をいいます。

鉄骨鉄筋コンクリート構造、SRC構造、SRC造と呼ばれています。

ちなみにSはsteelでRCはReinforced-Concreteの頭文字です。

主に高層建築物に使われている工法で、一般の住宅には使われていません。

マンションで7階以上の建物に多く使われています。

関東大震災(1923年)を契機にして、地震の多い日本独自に発達してきました。

メリットは耐震性、耐火性に優れているところですが、デメリットとしては非常に施工が煩雑で、建築コストが高いということです。

このレベルの建物になると人の手で壊す、手壊しなどはできません。

大きなユンボを使用して、コンクリートブレーカーやコンクリートクラッシャー、鉄骨カッターなどの特殊な道具をフルに使用して解体することになります。

ユンボが入れないようなところは無いと思いますが、仮にあったとすると爆破してから解体するくらいしか思いつきません。

街場の解体屋さんでは対応することができず、このような工事を中心にやっている比較的大きくやっている解体業者さんにお願いすることになります。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る