解体工事の専門用語

鉄骨構造(てっこつこうぞう)でできた住宅。

建物の躯体に鉄や鋼の部材を使っている構造の住宅を言います。

鉄骨造、S造、S構造と呼ばれます。

ちなみにこのSというのはsteelの頭文字です。

この鉄骨には大きく分けて2種類あります。

軽量鉄骨と重量鉄骨があり、通常断りなく鉄骨造と言う場合は重量鉄骨のラーメン構造を指します。

ラーメン構造とは柱と梁を完全に固定して筋交いを使わない構造のことです。鉄骨構造にするメリットとしては耐震性に強く寿命が長い、遮音性が高いことがあげられます。

また、住宅の場合は柱の位置を変える自由度が高いため、間取りを広く取ることができ、広い空間を作ることが可能となります。

デメリットとしては木造住宅よりも建築コストが高くなることです。

3割以上高くなると考えた方が良いかもしれません。

解体工事をする際は、木造住宅と比較すると坪単価は低くなる場合もあります。

これはある程度大き目の物件でユンボが問題なく使える状態に限りますが、鉄骨が売れるので坪単価で見ると安くなる可能性があります。

その代わり、ある程度の大きさのユンボが入れない場合はかなり高くなる可能性があります。

手で壊していくのは非常に手間が掛かってしまうからです。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る