解体工事の専門用語

中間処理場(ちゅうかんしょりじょう)とは産業廃棄物を最終処分場で埋め立てする前に、分別したり、減らしたり、害となるものを取り除いたりする施設のことを言います。

例えば、瓶や缶、ペットボトルなどリサイクルできるものを選別したり、木屑(きくず)を細かく砕いてリサイクルしたり、繊維や紙くずを償却して量を減らしたりします。

解体工事で出たゴミは産業廃棄物として扱われて、殆どがこの中間処理場を経由して処分されます。

解体業者は複数の中間処理場と契約をして、廃棄物を処分しています。

処分場と一口に言っても焼却をメインにしている所や破砕や分別をメインにしている所もありますので、ゴミの種類や解体現場からの距離によって使い分けるのが普通です。

昔ながらの業者さんが多く閉鎖的な業界なので、解体業者も飛び込みで中間処理場にゴミを持っていくことはほとんどしません。

知合いの業者のつてで紹介してもらってから付き合いを始めていきます。

一見客と見られたとたん倍位の金額を吹っかけてくる所もある怖~い世界です。

ですから、解体業者さんの営業範囲というのは安く引き取ってくれる処理場を解体現場近くで知っているかどうかが鍵になってきます。

たまに中間処理場を運営しながら解体業も営んでいる業者もいますが、自分のところでゴミを処理する分、皆安いというわけではありません。

解体工事をメインとしているかサブとして扱っているかによって金額の出し方は大きく変わってきます。一概には判断できないところです。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る