解体工事の専門用語

スレートとは粘板岩(ねんばんがん)のことで、泥が圧縮されてできたような石です。主に屋根材や壁材として使われています。

種類としては、天然スレートと化粧スレートとがあります。天然スレートは高級素材で床などに使われているようです。

私も良く見分けがつきません。

化粧スレートと呼ばれる人工のスレートが一般的なものですね。

一般に両社を一目で見分けるのは難しいようです。

化粧スレートと呼ばれる人工のスレートが一般的なものですね。

人工とはセメントに繊維を混ぜて固めて作った素材です。

コロニアルやカラーベストといったようにメーカーが製品名をつけて販売しています。

スレートよりもコロニアルやカラーベストと言ったほうが通じやすいかもしれませんね。

スレート瓦の利点はコストが安くて、いろんな色を選べるところです。薄くて軽い材料なので家屋にも負担が掛かりません。地震に対してはかなり有利となります。

逆にデメリットは、スレートは表面のコーティングで雨を防いでいますので、塗装が取れると雨漏りする危険があるため、定期的な塗装が必要となります。

また、日本瓦よりも経年劣化が早く、脆い状態になりやすいこともあげられます。

屋根補修などで屋根上に上がった時、劣化した状態だとすぐにヒビが入ってしまい雨漏りの原因となってしまうのですが、ヒビが分かりにくいので原因の特定が大変です。

このようなデメリットはありますが、コストが低く抑えられるという利点があるので幅広く使用されるようになりました。

解体工事の見積の際に業者さんが一番気にするのは、このスレートに”アスベスト”が含まれているかどうかです。

1995年に使用も製造も禁止となりましたが、一部そのまま使用されている物もありますので、それ以前の建築かどうかで分かれてきます。

それ以前はアスベストを固めている素材が一般的でした。

このアスベストが含まれていると取り扱いを注意しなければならないため手間がかかり、廃棄処分の方法も特殊となるため割高となってしまいます。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る