解体工事の専門用語

中国で瓦が登場するのは2800年前で、日本に瓦が登場するのはおよそ1420年前と言われている。

飛鳥寺が日本で最初に瓦を使用された建物とされています。

その中で日本瓦とは三州瓦、石州瓦、淡路瓦の和風形状のものの総称となっています。

瓦と言えば本来は粘度で焼いた瓦のことを指し、釉薬の使用の有無によって素焼きや陶器瓦などの種類に分かれていきます。

瓦の種類は1000以上あると言われています。

日本瓦の家屋を解体する場合、色によっても処分場でのゴミ代が変わってしまいます。

黒の場合はガレキとして扱ってくれる処理場もあるので、粉々に砕いてリサイクルされますので処分費用が安く済みます。

ところが色がついているとガラスやタイルと同じ分類にされてしまい最終処分場へまわされて、処分費用が高くなってしまいます。

色がついていると再生した時に目立ってしまい、品質が低下してしまうからだそうです。

瓦を解体するときは、屋根に登って屋根から下へ投げ下ろします。

トラックを付けられるのであれば、簡単な養生をして、屋根から荷台に直接投げ落とします。

この際、瓦の周りに土が盛ってあるのですが、土は一緒に落とさないようにします。

水も撒いていないので埃が上がってしまい、ご近所迷惑になってしまうからです。

冬場の日本瓦は要注意です。霜が降りている場合は氷が張っているようにつるつるです。

私は知らずに足を踏み入れて落ちそうになりました・・・

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る