解体工事の専門用語

茅葺屋根(かやぶきやね)というのは屋根の形状の名称です。

用いる草の種類によっても名称が変わってきます。

藁葺(わらぶき)・草葺(くさぶき)の物があります。

形としては、寄棟造(よせむね)造り、切妻造(きりつま)り、入母屋(いりもや)造りの3種類があります。

よくあるご相談の中で、とても立派な古民家なので、できれば長く住んでいきたいのだが、茅葺屋根の補修とメンテナンスにお金が掛かるので断念したという話です。

茅葺屋根の職人さんは日本にも少ないらしく、葺き替えなどになるとビックリするほどの金額になるそうです。

また、とりあえずの補修方法としては、茅葺屋根の上に屋根をかぶせてしまうというものがあります。

実際に瓦は使っていないのに一見すると瓦が乗っているかのような立派な屋根に返信します。

解体工事の場合をみると、茅葺屋根の場合とても立派な家屋の場合が多いので、屋根の高さが平屋なのに2階建てくらいの高さになってしまいます。

材料は茅なので廃棄処分にはお金が掛かりませんが、解体する手間が余分に掛かってしまいます。

坪単価としてみると手間が増えるほうが多くなってしまい、高に出てくる可能性があります。

農家の場合であれば、行政の許可をもらったうえで、自分の畑に茅を埋めることもできます。

その辺は地域によって異なりますので解体業者さんに尋ねてみるのが良いと思います。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る