解体工事の専門用語

銅板葺屋根(どうばんぶきやね)というのは屋根の形状の名称です。

銅を薄くしたものを屋根材として使います。

日本古来の歴史的建造物にはこの形状の屋根が多く使われています。

茅葺屋根(かやぶきやね)などを補修して、上から張り替える場合も多く使われます。

昔からお寺さんやお宮さんの屋根にはこの銅板葺が多く使われてきましたが、銅板はとても高価なものであったため一般の住居には使用することがありませんでした。

ところが1990年代前半になると銅の価格が下がり、この最高級屋根材が住居にも使われるようになって来ました。

この銅板葺は非常に施工が大変で技術の居る作業です。釘の打ち方や結露を逃がす技術が必要となるため、張れる職人さんも少ないようです。

この銅板は非常に強いということがメリットとしてあげられます。メンテナンスも必要なく、年数を重ねるごとに色合いにも味が出て重みを増してきます。

耐用年数100年以上とも言われています。

解体工事する場合には、その当時の時価によりますが、売却することができるため、施工の総額としてはかなり押さえられます。

解体時期を検討するのであれば銅の引取り価格に注意して、スケジュールを組んだ方が良いでしょう。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る