解体工事の専門用語

  • かじや(バール)

    手壊し解体で活躍する道具は、「かじや」と呼ばれるものです。 「バール」とも言います。 「かじや」は用途に応じて使い分けるために様々な大きさのものがあります。 一流の解体職人は、この「かじや」の使い方が抜群にうまいものです。

  • リサイクル届

    80平方メートル以上の建物を解体する場合にはリサイクル届の提出が必要です。

  • 収集運搬許可

    解体の際に出たゴミを運ぶのに必要な許可です。

  • 残置物

    解体の際、家の中に残っている残置物の処分には別途費用がかかりますのでご注意ください。

  • スクラップ買取

    鉄骨など解体後の一部の廃材は売却することによってお金に換えることが出来ます。

  • 建設業許可

    建設業許可のある業者であれば、解体業の許可を受けなくても解体工事を行うことが出来ます。

  • 解体業許可

    解体工事を行うには建設リサイクル法に基づき解体業の許可が必要になります。

  • 古井戸埋め戻し

    解体工事の付帯工事の一つに古井戸の埋め戻しがあります。

  • 建築面積

    解体工事ではあまりなじみがありませんが、家の大きさを表す用語です。

  • 延べ床面積

    解体工事の積算をする際に、家の大きさを知るための建築用語です。

  • ガードレール撤去

    解体工事の際にガードレールを撤去しないと敷地に重機が入れないケースがあります。

  • 最終処分場

    解体工事のあと、中間処理場でリサイクル処理出来なかったゴミは最終処分場に運ばれます。

  • 中間処理場

    解体工事により出た産業廃棄物は、まず中間処理場に運ばれます。

  • 近隣対策費

    解体工事の見積に近隣対策費という項目が入っているときがあります。

  • あいさつ回り

    解体工事をする前には、近隣へのあいさつ回りが大切です。

  • 境界杭

    家を取り壊す前に、必ず隣家との境界杭を確認するようにしましょう。

  • 伐採伐根

    解体工事の付帯工事として庭木の撤去が発生することが多いです。庭木撤去の際の伐採伐根について解説いたします。

  • 横もち

    解体する建物までの道幅が狭く、トラックが入っていけない場合、横もちと呼ばれる人力での作業が主役となります。

  • 養生

    解体工事の際は近隣に迷惑をかけないために、養生が必要なケースが多いです。

  • 排水枡

    解体の際に排水枡のことを十分に考慮に入れないと雨水流出の原因になります。

  • 土留め

    解体後にトラブルにならないように土留めの知識を身につけましょう。

  • 防音パネル

    解体の現場で防音対策や落下物対策のために設置されます。

  • 鉄骨鉄筋コンクリート造

    建物の中心が鉄骨でその周りを鉄筋コンクリートで覆う構造の建物です。

  • 鉄筋コンクリート造

    主にビルなどの大規模な建物に採用される建物の構造です。

  • 鉄骨造住宅

    建物の基本躯体に鉄骨を使った構造の住宅です。

  • 木造住宅

    日本の家屋の中心的な構造は木造住宅です。

  • 土間コンクリート

    玄関や駐車場のなどで土間一面にコンクリートを敷き詰めた床になります。

  • 道路使用許可

    工事車両などが道路に置く場合道路使用許可が必要になります。

  • 交通誘導員

    解体工事現場の近くを歩く人の安全を確保するために必要です。

  • ラフター

    建設現場で広く使われる移動式のクレーンです。

  • ユニック車

    小型のクレーンがついたトラックです。

  • 2tダンプ

    4tダンプが入れない道幅の狭い解体現場で活躍します。

  • 4tダンプ

    ユンボと同様に解体工事に欠かせない大切な道具です。

  • ユンボ(バックホー・ショベルカー)

    近年の解体工事の主役であるユンボについて解説いたします。

  • 銅板屋根

    それほど多い屋根形状ではありませんが、銅板による屋根について解説します。

  • 茅葺屋根

    築50年以上の古民家によくみられる屋根の形状に茅葺屋根があります。

  • 陸屋根

    建物の屋根の様々な屋根の形のうち、ここでは陸屋について解説します。

  • 日本瓦

    日本の伝統的な屋根の形状である日本瓦について解説します。

  • スレート瓦

    家屋には様々な屋根の形状がありますが、ここではスレート瓦について解説します。

  • ベタ基礎

    最近新築される住宅においては主流の基礎形状ですが、解体工事の現場では稀です。

  • 布基礎

    解体工事現場において、一番多くみられる基礎の形状です。

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る