解体工事の専門用語

いろいろな意味がある言葉だが、解体工事の際に言われる養生とは、解体工事する建物や敷地全体を囲って、近隣に破片が飛び散ったり、埃が流れ出るのを防ぐ役割を持つ足場のことを言います。

丸太足場にシート、単管足場にシート、単管足場に防音プレートといった種類があります。

現在も使われていますが、以前一般家屋の解体工事で主流だったのは丸太足場にシートです。

丸太の方が自由度が利いて、組み立ての手間が少ないので重宝されていましたが、狭い隙間に建てる場合は太くて入らないというデメリットがあり、単管パイプの方がコストも安く済むことから、徐々に少なくなってきました。

今現在主流となっているのは単管足場にシートです。

単管足場は自立しているので、建物が解体し終わってもたっていることができ、狭いところでも建てられます。そして単管足場に防音プレートはあまり一軒家には使用されません。

しっかり自立できる足場を組んでプレートを設置するためコストは高くなってしまいます。

マンションやビル、比較的人通りや交通量の多い場所での解体工事の際に使われます。

施主と解体業者の間で、解体金額の最終的な折衝となったときに、養生はいらないのでその分を引いてくれといわれる施主さんもいます。

養生もしないで工事するのは周辺に道も何も無い場合だけです。

近隣とのトラブルや通行人、車の通行にも影響を与えますので、簡単に省くことのできない重要な項目です。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る