解体工事の専門用語

交通誘導員または交通警備員と呼ばれる。

警備業法第二条第二号に規定されている業務なので、二号警備又は二号業務と呼ばれることもある。

交通に支障がある箇所である車道や歩道に配置されて、自動車や歩行者の誘導を行う人のことを言う。

交通誘導員の「交通誘導」はあくまでも相手の任意協力にもとづいて行われるものであり、警察官がおこなう「交通整理」と違って法的な強制力は無い。

解体工事の見積項目に交通誘導員が入っている場合は、人通りの多い解体現場である場合や道にはみ出して工事をする場合、車の通行を工事によって遮断しなければならない場合があると考えられます。

同じ解体工事について複数の業者の見積を取得すると、この交通誘導員の項目があったりなかったりすることが良くあります。

各業者の判断によって、交通誘導員が必要か必要で無いかが分かれるところです。

しかし、解体工事自体は非常に近隣にご迷惑を掛けやすい工事ですので、こういった配慮を怠ると近隣からの苦情で施主様にご迷惑が及ぶことがあるので注意が必要です。

良く見かける雑な業者では、交通誘導員も配置せずに道路を塞いで知らん顔して解体工事をしていることがありますが、こういった業者は基本的な姿勢が間違っ ているので、近隣への苦情対策もひどいためトラブルになりやすい傾向があります。解体業者さんを選ぶ際には注意が必要です。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る