解体工事の専門用語

画像

ユンボにはいろいろな呼び名があります。
例えば、重機、バックホー、バックホウ、油圧ショベル、ショベルカーなどがあります。建設機械の名称です。

このユンボを運転する人をオペレーターと呼びますが、このオペレーター側向きのショベルで、自分の方向へ抱え込むようにして作業する機械です。

本来の構造としては地表面よりも低い場所を掘削することに適しています。

解体工事に使用するときは、このショベル部分を取り外し、ハサミのようなものに変更して、家屋を解体・撤去していきます。

このユンボを使うことで解体工事の日数や作業員の数が抑えられるため、使用できるかどうかで見積もり金額に大きく影響してきます。

ショベル部分を交換することによって、鉄骨をきる「鉄骨カッター」やコンクリートを砕く「コンクリートクラッシャー」、コンクリートをハツル際の「ハツリ」などいろいろな用途で使うことができます。

解体業者によってはこれらのユンボを自前で所有している場合もありますし、建設機材リース屋さんに借りる場合もあり、それらの稼働状況によって見積もり金額に差が出る場合があります。

例えば、繁忙期にリース代が上がってしまい、解体施工金額が上がってしまうということもまま発生しています。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る