解体工事の専門用語その2

コンクリートブロックとは、コンクリートで作られた方塊状の建材のことです。

断面には角の取れた長方形か楕円形の穴が空いており、この穴を用いて鉄筋を通したりモルタルを充填するなどして構造を強化することができます。

このコンクリートブロックを積み上げ、補強して造られたものがコンクリートブロック塀です。

日本で壁材・工法として一番多く使われているのがこのコンクリートブロック塀です。

工業製品として規格化されていて、同じサイズの製品をどこでも入手することがでることや、コンクリートを打つよりも非常に簡単なことから、日本全国に広く普及したと思われます。

解体工事をする際は、このコンクリートブロックは基礎と一緒にガラとして出すことができますので、そんなに大きな金額にはなりません。

しかし、塀の基礎も掘り起こして撤去しなければならないため、手間代の費用が多く掛かってしまいます。

また、この壁が土留めとなっていたり、近くを水道管やガス管が通っていたりする場合は、余計に手間が掛かることになります。

便利屋や産業廃棄物を扱っている業者が片手間で請負うこともあるようですが、慣れない業者が見よう見真似で施工しても、トラブルとなるケースも出てきているようなのでご注意ください。

コンクリートブロック塀のみの撤去でも、対応してくれる加盟業者がいますので、お気軽にご相談ください。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る