解体工事の専門用語その2

分別解体(ぶんべつかいたい)とは、解体工事の一つの工法です。

平成14年5月の建設リサイクル法が施行されてからは、この分別解体が義務付けられました。

施工以前にはミンチ解体という、ゴミの種類を分別せずにユンボで噛み潰してしまう工法が多く見られましたが、施工後ミンチ解体は違法ということになり、ほとんど見かけなくなりました。

ミンチ解体をしたゴミを受け入れる産業廃棄物業者も居なくなりました。

もしやっている業者がいればそれは違法ですのでくれぐれもご注意ください。

一般的な木造家屋の場合の分別解体の順序としては、まず建具や畳を運び出します。

次に瓦やスレートを撤去します。

そして人力で家屋の内装をゴミを分別しながら解体撤去していきます。

木以外の建材を取り除いた状態にしてから、ユンボを入れて崩しながら撤去していきます。

基礎以外の木材をすべて解体撤去し、細かいゴミなどもすべて清掃してきれいな状態にします。

基礎だけがきれいに残った状態から基礎を掘り起こして、同時に排水枡や浄化槽も撤去していきます。

これで解体撤去はすべて完了です。

最後に解体後の敷地が平らになるようにユンボで均してから、ユンボのキャタピラで踏み固めていきます。

そして竹ほうきでの表面を撫でて完了となります。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る