解体工事の専門用語その2

仏壇を撤去する前にお寺さんにお願いして、仏壇からご本尊の魂を抜く作業です。

お魂抜き(おみたまぬき)、御魂抜き(みたまぬき)、魂抜き(たましいぬき)といろいろな呼び方があるようです。

解体工事をする際、作り付けの仏壇がある場合は解体業者さんに相談してみると良いでしょう。

長い間お世話になった仏壇ですから、最後までしっかりと法要を執り行うようにしたいところです。

解体業者も魂抜きを済ませた仏壇の方が安心して作業することができますのでとても喜びます。

法要に掛かる費用はお寺に支払うお布施となりますので、宗教宗派や住職さんによって違ってはきますが、そんなに大きなお金ではありません。

お寺に問い合わせて、法要に掛かるお布施の金額をざっくばらんに聞くのが良いでしょう。

仏壇以外にも遺品整理などで処分せざるを得なくなった写真やアルバム、仏具、思い出の品などについてもまとめて供養してくれるお寺さんもあるようですので、直接確認してみてください。

神棚がある場合は神社となりますので、神職を招いてお祓い(おはらい)をしてもらう必要があります。

今まで家族を守ってくださった神様にお供え物をして、感謝の意を捧げる祝詞を奏上します。これにより了解を得て神棚を降ろします。

解体工事前の供養・お祓いをしっかりと済ませておくことで、解体業者もより親身になって工事を行ってくれます。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る