解体工事の専門用語その2

鉄骨カッターとはユンボ(バックホウ・ショベルカー)のショベル部分に取り付ける、鉄骨を切るハサミのような部品です。

断面がHの字になっていることからH鋼と呼ばれている太い鉄でできた柱や梁をガンガン切断していきます。

ビル梁部分のH鋼を切断する時などは圧巻です。

バチンという大きな音と共に、建物全体が揺れて、崩れ落ちる光景を見るとものすごいパワーを感じます。

鉄骨カッターの場合はそれほど大きな建物でなく、鉄骨のアパートなどでもよく使われます。

それにしてもこういったユンボのパワーは偉大です。

この鉄骨カッターが無ければ、鉄骨がむき出しになるように周りを解体して、裸の状態にしてから、酸素とアセチレンを使って手作業でカットしなければなりません。

鉄骨カッターで1箇所切るのに1分だとすると、酸素とアセチレンでカットするのには15分くらい掛かってしまいます。

15倍の時間です。

それだけ人手を掛けて、工期が長くなってしまうのですから当然工事金額も高くなってしまいます。

人手でやっていたら2倍3倍くらいすぐに跳ね上がってしまいます。

ユンボを使うことで抑えられる解体工事の金額はとても大きなものなんですね。

ちなみに鉄骨カッターの金額は、大きさにもよりますが50万円程度から数百万円するものもあります。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る