解体工事の専門用語その2

  • 野焼き

    産業廃棄物を野焼きすると、当然ですが処罰の対象となります。

  • 地盤改良

    液状化の問題がクローズアップされています。今後地盤改良の問題はますます重要になってくるでしょう。

  • 杭基礎

    地盤の弱い地域に建てられた家の解体の場合、杭基礎が打ってないかどうかを考慮する必要があります。

  • 家屋調査

    解体工事で隣家とトラブルにならないように事前に家屋調査をするケースもあります。

  • サイディング

    現在、家の外壁の主流になっているのがサイディングです。

  • コンクリートブロック塀

    コンクリートブロック塀は解体工事の際に同時に壊すケースが多いようです。

  • 門扉

    解体業者の中には門扉の工事も得意とする業者さんもいます。

  • カーポート

    カーポートを残すか残さないかで解体工事代金が大きく変わることがあります。

  • 管理型最終処分場

    安定型の最終処分場で処分できない産廃の受け入れ先が管理型最終処分場です

  • 安定型最終処分場

    解体ゴミの中間処理場で処分できない分の行きつく先が安定型最終処分場です。

  • 土壁

    古い家屋によく使われている土壁についての解説です。

  • ユンボ搬入

    解体工事のコストを考える時に、ユンボが搬入出来るかどうかが大きなポイントです。

  • 断熱材

    断熱材の中にアスベストが含まれているものがありますので、解体工事の際は注意して下さい。

  • アスベスト

    家を解体する時に特に注意しなければならないのが、アスベストに処理についてです。

  • 一輪車

    解体の現場では一般に「ネコ」と呼ばれることの多い運搬用の手押し車です。

  • バール

    解体工事では、内装解体の時に大活躍する必須の道具です。

  • 斫り

    解体工事には、一般住宅も含めて斫りという作業が必ず付き物です。

  • 工業機器の買取

    工場などを解体の際に必要なくなった工業機器の買取は、解体業者に相談してみてください。

  • 水撒き

    解体工事には水撒きは欠かせません。これを怠ると近隣に大迷惑をかけてしまいます。

  • 手壊し解体

    重機の入れない場所の解体工事は手壊しとなり、工事代金もかなり割高になります。

  • 仏壇の魂抜き

    仏壇の撤去をする前に、仏壇の魂抜きをやっておきましょう。

  • 整地

    一般的には家を取り壊したあとの整地作業まで解体工事に含まれます。

  • 大谷石

    解体工事現場から排出された大谷石でセシウム対策?

  • 不法投棄

    解体工事業界において、不法投棄の問題は非常に切実な問題となっています。

  • 解体費用の支払い

    解体工事の支払い方法は解体業者さんによって違いますので、事前に確認が必要です。

  • 重機回送費

    解体工事の見積を見ると大抵重機回送費という項目が入っていると思います。

  • 当て馬

    解体工事をするにあたって、相見積を取ることは重要ですが、発注するつもりのまったくない業者に当て馬の見積を依頼するのはモラル違反です。

  • 相見積

    解体工事は業者によって見積金額が大きく違ってきますので、必ず相見積を取りましょう。

  • 解体工事後の駐車場造成

    解体工事後に貸駐車場にするため、駐車場にするための工事を解体業者へ依頼することが良くあります。 解体業者の方もこういった要望を受けることが多いので、どの業者さんに聞いても「できる」と答えると思います。 しかし、その「できる」のレベルには大きな開きがあり、トラブルの原因となっています。

  • 建物切り離し工事

    解体工事に伴う切り離し工事についてです。 一軒家を切り離す工事、長屋の切り離し工事、母屋と離れの廊下部分のみの切り離し工事などいろいろとありますが、特に難しいのが一軒家や2階建て長屋の切り離し工事です。

  • 分別解体

    平成14年に建設リサイクル法施行により、分別解体が義務付けられました。

  • ミンチ解体

    廃材を分別することなく重機を使って一気に壊す解体のやり方ですが、現在は違法となります。

  • 瓦礫

    一般に使われる瓦礫という言葉と、解体工事の現場で使われる瓦礫は多少意味が違います。

  • ガラ

    解体工事の現場ではコンクリートを粉砕した破片のことをガラと言います。

  • チップ

    木の廃材の俗称がチップです。リサイクルして細かく砕かれることからそう呼ばれます。

  • 混合ゴミ

    分別して中間処理場に持ち込むことが出来ないゴミを混合ゴミ(混合廃棄物)といいます。

  • 鉄骨カッター

    ユンボ(ショベルカー)のブームの先に取り付けて鉄骨を切り刻むハサミのような形状をした機械です。

  • コンクリートクラッシャー

    ユンボ(ショベルカー)のブームの先に取り付けてコンクリートを破砕するハサミのような機械です。

  • 罹災証明

    全壊や大規模半壊などの罹災証明を受けている場合、自治体によっては解体工事費用を負担してくれる場合があります。

  • 火事ゴミ

    火事の解体現場からでる火事ゴミの扱いは、一般の産廃と異なりますので注意が必要です。

  • 建物取毀証明書

    解体工事を終えた後は、滅失登記をするために解体業者に建物取毀証明書を発行してもらう必要があります。

  • マニフェスト

    解体工事で出たゴミは建設リサイクル法に基づき処理し、マニフェストを保管しなければなりません。

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る