解体工事の専門用語その2

火災にあった場合、まず一番に行わなければならないのは“罹災証明”を取得することです。

これは消火にあたってくれた消防署で発行してくれます。

この証明書は後の保険会社への請求や減税を申告する際に必要となりますので、大切に保管してください。

火災現場にはひどいすすの匂いが立ち込めて、近隣の方々へ迷惑を掛け続けてしまう恐れがあります。

できるだけ早く貴重品などを搬出して解体工事の手続きをした方が良いと思います。

火災にあった家屋を解体する場合は、特別な廃棄物となるため、お住まいの市町村へどのように処理をしたら良いか問い合わせてみてください。

自治体などによって大きく対応が違いますが、火事ゴミを無料で引き取ってくれたり、所定の廃棄場に搬出すると費用の一部を補助してくれるものもあります。

特に廃棄場の制限が無い場合は、自分で解体業者を探すことになります。

事前に火災現場ということを伝えておいて、現地に見積もりに来てもらって、解体業者と良く話しをすることが重要です。

自治体に聞いた内容などをプロとして解体業者が知っているかどうかを確認するようにしてください。

とても急で忙しい状態だとは思いますが、複数の見積をとって比較することも忘れないでください。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る