解体工事の専門用語その2

コンクリートクラッシャーとはユンボ(バックホウ・ショベルカー)のショベル部分に取り付ける、コンクリートを細かく砕くハサミのような部品です。

別名専門用語で機械式小割機とも呼ばれています。

鉄筋コンクリート造の建物を解体するときに、コンクリート片が大きいと運びづらいということもありますが、中に入っている鉄筋を取り除くために小さく割る必要があります。

そんな際に使われる専用の道具です。

小さな歯がついた恐竜の口のような構造になっていて、油圧のシリンダーによる強力な力でコンクリートを砕いていきます。

鉄筋コンクリートのビル等を解体する際には欠かせないものです。

大きなビルの解体現場などは、頑丈な養生をして中が見えないようになっているので見たことが無いとは思いますが、ユンボが数台入っていることもあります。

一台は建物を崩すためにコンクリートクラッシャーが噛み付き、下では、落ちてきたコンクリートを更に小さくして鉄筋を取り除くためにコンクリートクラッシャーがいて、更にそのコンクリートをトラックへ積み込むためのショベルをつけたユンボが一台という組み合わせです。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る