解体工事の専門用語その2

門扉(もんぴ)とは、住宅の敷地と道路の境界線に設置される、門と扉のことを言います。

素材としては、耐久性に優れるアルミや、防腐処理をして耐久性を高めた木や鉄を使ったものが見られます。

これらの工事は外溝業者(エクステリア業者)が施工することになります。

解体工事を請負っている業者の中には、これらの外溝工事もやっている業者がありますので、外溝工事を任せる業者が決まっていなければ、解体工事を発注する業者にも声を掛けてみることをおススメします。

解体工事をする際に、門扉や塀を撤去するか悩まれる施主が多くいるようです。

解体工事後に使用の用途が決まっておらず、長く放置する可能性がある場合などは、門扉や塀を撤去してしまうと敷地内の土が流れ出して、排水溝などが詰まって近隣にご迷惑を掛けてしまう可能性があります。

そういった場合には、外構の撤去とあわせて、解体後に敷地内へ砂利を敷いたり、土を搬出して減らすようにして対応するようにご説明しています。

基本的に、売却する可能性がある場合には外溝もすべて撤去した更地にしたほうが売りやすいようです。

こういった相談にものっていますので、お気軽に全国解体業者サポート協会までご連絡ください。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る