解体工事の専門用語その2

サイディングとは、建物の外壁に使用する壁材のことを言います。

日本古来の建築では、壁にはモルタルや土壁というような、塗るものが主流となっていました。

しかし、外壁材が進化したことにより、使用するメリットが大きくなってきました。

しかも、豊富なデザインが揃っていますので、思い通りの外壁を選ぶことができるということが人気を呼んでいるようです。

このサイディングには大きく分けて3つの種類に分類されます。

窯業系サイディングと金属系サイディング、木質系サイディングとなります。

特徴としては窯業系サイディングは設置時の購入金額は一番安いですが、耐久性は金属系サイディングの方が優れています。

メンテナンスまで含めた金額を考えると、窯業系と金属系どちらも大差が無いといわれています。

また、サイディングの優れた特徴として、外壁に貼るだけなので、リフォームする際に使用されることが多く、新築と遜色ない仕上がりになります。

解体工事をする場合は、サイディングのように分別できないものは、新建材と呼ばれており、廃棄処分費用が高くなる可能性があります。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る