解体工事の専門用語その2

整地(せいち)とは、一般的に土地や建物、耕作に適するようにならして平らにすることを言います。

具体的な作業としては、切土と盛り土といって土地の土の量を減らしたり増やしたりする作業をしたり、土地を踏み固めたり、雑草や石を除去して整えたりします。

解体工事の見積にも整地という項目をよく見かけますが、とくに整地について約束をしていない場合は、ユンボで土地内の高低差を目見当でならして、その後ユンボのキャタピラで踏み固めていきます。

細かい業者であれば、その後竹ほうきできれいにキャタピラの跡を消してくれます。

踏み固め整地することによって雨が降った場合でも土が流れにくくなりますが、それだけで大雨には対応し切れませんので、長期間更地のままにする場合は、土地の水はけ状況にもよって、シートや砂利を敷く必要があります。

夏場には雑草が生い茂り、年に数回除草作業が必要となることがありますので、その際にもシートや砂利を敷くことで、作業が軽減されます。

土地や道路の高低差がある解体工事の場合は、長期間更地のままで放置する可能性がある場合は、事前に解体業者にどのような処理をしたら良いのか相談することをおススメします。

見積をお願いする各業者に相談することで、良い提案を受けられると思います。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る