解体工事の専門用語その2

解体費用の支払いルールについては、解体業者さんによってまちまちです。

支払い方法の種類は大別すると下記のようになります。

・ 全額前金
・ 着工前手付金、完了後残金支払い
・ 着工前半額払い、完了後残金支払い
・ 全額後払い
・ 分割払い

支払い方法のルール決めは業者さんによってまちまちなのですが、そんな中一番多いのが、契約書や発注書を交して全額後払いです。

後払いの場合、解体業者も支払ってもらえない可能性もがあるため、支払いが完了してから「取毀証明書」を発行するという防御策をとっているところも多いようです。

施主も取毀証明書がないと滅失届けができず、固定資産税を払い続けなければならなくなってしまいます。

正直言って全額前金と分割払いは、結構特殊なケースだと思っていただいてよいと思います。

分割払いを認めてもらう場合は、やむを得ない理由が明確にあって、解体業者が協力しようという気持ちが無いとなかなか難しいことです。

通常は解体業者に分割ではなく、ローンなどを使って解体される方の方が多いです。

全額前金は解体業者にとっては理想的な支払いですが、現実には施主のリスクが高くなってしまうため、ほとんど受け入れられないようで聞いたことがありません。

解体工事の支払い方法については、業者と施主の話し合い次第です。

もしも具体的に希望する支払い方法があるならば、積極的に解体業者へお願いしてみた方が良いでしょう。

解体工事の専門用語 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る